『RGPJワークショップ夏~セルフケア&特別レクチャー編~』

RGPJワークショップ1日目の後半戦は、RACGP(オーストラリア総合診療学会)で長年GP教育に携わってこられたロナルド先生のレクチャーで幕開け。     これは離島やへき地に限った話ではありませんが […]

もっと読む

『RGPJワークショップ夏~脳外科&循環器科編~』

今年、記念すべき第百回目を迎える夏の甲子園よりも早く、ゲネプロでは、二日間の暑い夏が終わりました。   今回のワークショップは、「RGPJ(Rural Generalist Program Japan)」でチー […]

もっと読む

『Procedural GPの手技力』が発売されました

この度、“手技をする総合診療医(Procedural GP)” に必須の技術や知識を詰め込んだ一冊 『Procedural GPの手技力』が、三輪書店さんから発売される運びとなりました。     完全 […]

もっと読む

『Gノート 2018年6月号』に寄稿いたしました

皆さんは、『Gノート』という雑誌をご存知でしょうか。   羊土社から刊行されている同誌は、 創刊から一貫して “医師のための総合診療” を絶対的なテーマに掲げ、常に実践的かつ幅広い情報を提供し続けている雑誌であ […]

もっと読む

『朝日新聞』と『山陰中央新報』に掲載していただきました

「親父の背中」プログラム、ついに動き出しました。   昨年、島根県の益田市医師会という心強い同志と巡り合い、あれよあれよと言う間に発足する至った総合診療医の育成プログラム、「親父の背中」プログラム。 &nbsp […]

もっと読む

【連載】研修生を訪ねて vol.1 ―中田 由紀子先生―

皆さんは、「パシフィック・パートナーシップ(PP:Pacific Partnership)」という活動についてご存知だろうか。 「知らない」、あるいは「興味ない」と無慈悲に吐き捨てられてしまうと、そこで話を終わらせざるを […]

もっと読む

『デリー宣言 ―15th WONCA World Rural Health Conference―』

先日、インドはニューデリーにて開催された学会「15th WONCA World Rural Health Conference」に参加してまいりました。   やはり世界中のへき地医療に携わる人々が一堂に会する場 […]

もっと読む

『第2回手技強化ワークショップ、無事終了 ―The 2nd Workshop for Procedure Enhancement―』

昨年7月に開催されたワークショップに引き続き、今回で第2回目となる手技ワークショップを、福岡県の秋本病院において開催いたしました。   ワークショップの幕開けを飾ったのは、へき地医療の整備が進む世界有数の国であ […]

もっと読む

『週刊日本医事新報』に掲載していただきました

『週刊日本医事新報 4892号』に、インタビュー記事を掲載していただきました。 今回のインタビューのテーマは、『「離島へき地で闘える医師」をどう育てますか?』。 ゲネプロや、「RGPJ(Rural Generalist […]

もっと読む

『救急医学 2017年12月号』に寄稿いたしました

先日、へるす出版から発売された『救急医学 2017年12月号』に、離島へき地医療について寄稿させていただきました。   寄稿の中では、これまでの自身の経験から得られた離島へき地医療や地域医療に関する知見を軸に、 […]

もっと読む