プログラム概要

離島・へき地研修プログラム

日本の離島へき地で実際に研鑚を積みながら、遠隔指導をうけられる体制を敷いています。
オーストラリアや日本の指導医による各種レクチャーに加え、専任講師による英語を中心とした「語学力強化プログラム」も用意し、 オーストラリアの医療現場で通用する語学力および国際学会でに質疑応答に対応できる語学力の習得を目標とします。

研修終了後には「オーストラリアへき地医療研修」や「グローバルヘルス研修」の期間を設けています。
日本の離島へき地で培った臨床能力や語学力をオーストラリアのへき地やネパール(チョウジャリ病院)等 で思う存分発揮していただきます。

なお、このプログラムはオーストラリアへき地医療学会(ACRRM)のプログラム認定を受けており、研修終了後の行われる各種試験に合格した後には「Certificate of Rural Medicine」が授与されます。

オーストラリアへき地医療学会(ACRRM)公認

年々、世界各国でその重要性に対する認識が高まりつつある「離島へき地医療」。オーストラリアは、同分野において長年に渡り世界の最先端に在り続けており、多くの国々から手本にされてきました。

オーストラリアへき地医療学会(ACRRM)」は、そんなオーストラリアにおける離島へき地医療をけん引する団体であり、体系的かつ実践的な教育プログラムや研修コースの構築と提供にも注力しており、離島へき地医療教育の普及に尽力しています。

ゲネプロの提供する「離島へき地研修プログラム(Rural Generalist Progaram Japan / RGPJ)」は、日本初にして国内で唯一、同学会からの認定を受けたプログラムであり、様々な面においてACRRMによる手厚いサポートを受けています。

プログラムの流れ

国内離島へき地研修Domestic Training

12ケ月

選択研修Elective Training

3ケ月

研修終了後

離島へき地の病院で勤務継続するのもよし、元の病院に戻るもよし、故郷で地域医療に着手するのもよし、オーストラリア留学にチャレンジするのもよし、可能な限りのキャリアパスを提供し、サポートいたします。

チーフ・メンター
(Chief Mentor)

  • 教授画像

    Dr. Takuya Yamaguchi

    チーフメンター

    離島の麻酔を一手に引き受けながら、時には外科の手術にも入る麻酔科専門医。離島へき地での安全な全身麻酔のかけ方、および神経ブロック等の技術指導を主に担当する。

学習アドバイサー
(Learning Advisors)

  • 教授画像

    Dr. Ronald McCoy

    FRACGP

    Senior Education Strategy Advisor, RACGP

    へき地と都市部のそれぞれで、GPとして20年間従事したのち、オーストラリア総合診療学会の医学教育部門の一員に抜擢される。カリキュラム構築に造詣が深く、トレーニング&コンピテンシー・デベロップメント(Training & competency Development)の認定にも携わる。メルボルン在住。2013年からは日本語学習にも励み、毎年日本を訪れる。RGPJのウェビナーでは、総合診療のレクチャーシリーズ(GP Road Map)を担当する。

  • 教授画像

    Jasmine Millman

    Master of Dietetics Deakin University

    Dietitian

    Assistant Language Teacher

    オーストラリアのアボリジニーの集落に住み、栄養管理の研究をする経験を持つ。秋田の英語教員を務めたのち、琉球大学大学院にて長寿の栄養学を研究している。

     
     
     

スーパーバイザー
(Be a better doctor)

  • 教授画像

    Dr. Ewen McPhee

    FRACGP, DRACOG, FACRRM, DPDermatology

    Rural GP obstetrician

    President, Rural Doctors Association of Australia

    Emerald Super Clinic, Emerald Hospital

    クイーンズランド州エメラルドにて20年以上も診療し続ける。外来診療の他に、帝王切開や外科手術、皮膚がんの切除もこなす人格者。2015年秋よりオーストラリアへき地医師会会長を務める、オーストラリアのへき地医療界の看板ドクター。2015年8月に来日し、福岡、徳之島での講演では好評を博した。趣味は自家用飛行機でツーリングに行くこと。

     
     
     
  • 教授画像

    Dr. Sam Jones

    FRACGP, FACRRM

    Rural Generalist / Thursday Island

    Director, ROCKET+SHIP Pacific

    Former MSF(Medecins Sans Frontieres) officer

    オーストラリアの北の離島、サーズデイアイランド(木曜島)で働く。病院の目の前にあるヘリポートで周辺離島からの患者を受け入れている。イギリスでGPトレーニングを受け、オーストラリアのへき地勤務を希望し移り住んだ。MSF(国境なき医師団)の一員としてスーダンで医療経験がある。バヌアツのサイクロン襲撃の支援経験もあり、GPのみならず、災害やグローバルヘルスに強い。ROCKET+SHIP pacificのスタッフドクターとして定期的にバヌアツ支援をしている。

  • 教授画像

    Dr. Lachlan McIver

    FACRRM

    Rural Generalist / Public Health Practitioner

    A / Professor James Cook University / Tropical Medicine / WHO officer south pacific

    Director, ROCKET+SHIP Pacific / ACRRM Scientific commitee

    現場で働くGPからグローバルヘルス・公衆衛生といったアカデミックな分野までこなす若手のロールモデル。
    ROCKET+SHIP pacificというNPOを立ち上げ、バヌアツ共和国および東ティモールの研修医教育に力を注いでいる。

     
     
  • 教授画像

    Dr. Tim Leeuwenburg

    FRACGP, FACRRM, DRANZCOG

    Rural Procedualist

    Kangaroo Island Health Service

    Website:
    http://kidocs.org/
    https://vimeo.com/124590188

    オーストラリアの南に位置するカンガルーアイランドで働く。麻酔および救急を専門としたGPで、午前中はクリニックで外来診療、午後からは病院で救急対応や手術室に麻酔科医として入る。アデレードに基地を構えるMedSTARのフライングドクターとしても勤務する。緊急気道確保コースなど展開するへき地医療界のスーパードクターとして知られる。

クイーンズランド州政府
(Queensland Based Rotation)

  • 教授画像

    Dr. Dilip Dhupelia

    Director, Queensland Based Rotation For JRGs

    クイーンズランド州のへき地医療部門(Queensland Country Practice)における絶対的なリーダー。GP Obstetricianとして25年間へき地医療に従事したのち、同州政府の中心メンバーのひとりとして、クイーンズランド州のへき地医療プログラム(Queensland Rural Generalist Pathway)を構築した。日本人研修生の受け入れにおいて、同州政府側の代表窓口を務めている。根っからのラグビー好きであり、ラグビーW杯観戦は欠かさない。