週刊日本医事新報 4941号に掲載されました

1月5日発行の『週刊日本医事新報 4941号』に、私の寄稿したエッセイが掲載されました。     今回のエッセイは、「世界のへき地で活躍する医師」をテーマに据えて書かせていただきました。   […]

もっと読む

『南日本新聞』に掲載していただきました

先日、『南日本新聞』がゲネプロの活動を取り上げてくださり、記事が紙面に掲載されました。     ゲネプロの設立された経緯から「へき地専門医」という存在のことや、ゲネプロの提供している研修プログラムにつ […]

もっと読む

Antaaに掲載していただきました

今回、「医師が作る医師のための学びの場」を標榜するWebサイトであるAntaaに、「ゲネプロ代表としての齋藤学」を紹介する記事を掲載していただきました。   画像をクリックすると、当該記事に移動します &nbs […]

もっと読む

『Procedural GPの手技力』が発売されました

この度、“手技をする総合診療医(Procedural GP)” に必須の技術や知識を詰め込んだ一冊 『Procedural GPの手技力』が、三輪書店さんから発売される運びとなりました。     完全 […]

もっと読む

『Gノート 2018年6月号』に寄稿いたしました

皆さんは、『Gノート』という雑誌をご存知でしょうか。   羊土社から刊行されている同誌は、 創刊から一貫して “医師のための総合診療” を絶対的なテーマに掲げ、常に実践的かつ幅広い情報を提供し続けている雑誌であ […]

もっと読む

『朝日新聞』と『山陰中央新報』に掲載していただきました

「親父の背中」プログラム、ついに動き出しました。   昨年、島根県の益田市医師会という心強い同志と巡り合い、あれよあれよと言う間に発足する至った総合診療医の育成プログラム、「親父の背中」プログラム。 &nbsp […]

もっと読む

『週刊日本医事新報』に掲載していただきました

『週刊日本医事新報 4892号』に、インタビュー記事を掲載していただきました。 今回のインタビューのテーマは、『「離島へき地で闘える医師」をどう育てますか?』。 ゲネプロや、「RGPJ(Rural Generalist […]

もっと読む

コーヒードクターズに掲載されました ―『離島へき地のジェネラリスト育成プログラム』―

RGPJ(Rural Generalist Program Japan)第2期生のオリエンテーションについてのレポートを、コーヒードクターズに掲載していただきました。 今回のオリエンテーションには、残念ながら勤務等の諸事 […]

もっと読む

『救急医学 2017年12月号』に寄稿いたしました

先日、へるす出版から発売された『救急医学 2017年12月号』に、離島へき地医療について寄稿させていただきました。   寄稿の中では、これまでの自身の経験から得られた離島へき地医療や地域医療に関する知見を軸に、 […]

もっと読む

『Dr.コトー、オーストラリアをゆく~豪州へき地医療学会 ―Dr. Koto in Australia―』

先日、瀬戸上健二郎先生(Dr.コトー)と共に「Rural Medicine Australia 17(RMA17)」に参加させていただきましたが、壇上でスピーチする瀬戸上先生や会場の様子をまとめた記事が、新たにマイナビD […]

もっと読む