第三期生、出航 ―The 3rd RGPJ Registrars Have Launched―

先週末にかけて、ゲネプロ第三期生の門出を祝うオリエンテーションを、都内某所にて開催いたしました。

 

現時点までに、研修病院まで確定している第三期生の数は、大変ありがたいことに全部で五人。

 

うち一人は、第二期生としても活躍してくださった松原先生で、今回のオリエンテーションには、松原先生を除く四名に加え、今後ゲネプロへの参加を検討してくださっている先生がさらに一名、参加してくださいました。

 

実は、もう一名ほど参加してくださる予定だったのですが、流行りのインフルエンザに罹患されてしまい、残念ながらオリエンテーションへの参加はなりませんでした。

 

 

また、会場には、島田総合病院の院長先生をはじめ、同病院や上五島病院、大井田病院に匝瑳市民病院の事務長や事務局の方々もご列席くださったほか、イーウェン先生やロナルド先生、ディヴィッド先生にロックラン先生、ジャスミンさん、ニックさんに津崎さんと、ゲネプロの誇る頼れる指導医およびサポート陣も、こぞってビデオレターで会場を盛り上げてくださいましたし、通訳の面で多大なお世話になっている鶴田さんにもご参加いただけました。

 

 

なお、前夜祭と称して、懇親会を開催させていただいたのですが、そこでは研修生の先生方が、四月からどのように病院に貢献できるか、あるいは研修を通じてどのようなことを身に着けたいと考えているかといった話から、果ては尊敬するドクターについてまで、様々な話題について周囲の笑いを取りながら語ってくださる一幕も。

 

各病院の事務長による挨拶も、会場を熱く盛り上げてくださいました。

 

 

そんな素晴らしい懇親会のおかげもあって、オリエンテーション当日も、非常に和気あいあいとした和やかな良い雰囲気の中でプログラムを進行でき、オリエンテーションが終了する頃には、第三期生同士もすっかり打ち解けた様子でした。

 

 

第一期生から第二期生へと繋がれたバトンが、こうして無事に第三期生へと繋がれたことに心から感謝しつつ、来る四月からの一年間を通して、研修生の先生方が目標に向かって全力でひた走れるように、総力を挙げてサポートしていく所存ですので、引き続き応援とご指導のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

All thanks to everyone who supports us,  we could hold the orientation for the 3rd RGPJ registrars in Tokyo in the last weekends!

 

 

Although a registrar unfortunately couldn’t attend at it because of influenza, 5 registrars participated in the orientation. Furthermore,there are a lot of participants from the teaching hospitals in the venue and many supervisors appeared in the video messages to set the mood for the event!

 

Actually, we had held a welcome party as the eve of the orientation and it had eventually warmed up so nicely. So, the orientation went along smoothly in a comfortable atmosphere, thanks to the party.

 

 

 

We have appreciated and will appreciate everyone’s supports and dedications from the bottom of the heart! We will definitely keep on moving forward so as to reward them and make the registrars’s goals all come true!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です