「グローバル & ルーラル・ヘルス・プログラム」を新たに発足いたしました

このたび、長崎大学熱研内科とパートナーシップを形成し、新しい研修プログラムとして「グローバル & ルーラル・ヘルス・プログラム」を発足いたしました。

本プログラムは二年間の研修プログラムとなりますが、一年目と二年目で、研修先が変わるほか、研修の内容についても大きく毛色が変わる点が、大きな特徴の一つです。

 

 

一年目は、ゲネプロの研修病院にて、国内の地域医療を学ぶ中で、実践的に技術と知識を強化。

 

二年目からは長崎大学熱研内科に舞台を移し、国内に加え世界をも視野に入れ、特に感染症を中心とした地域医療を学び、アカデミックに知識と技術の強化を図ります。

 

 

 

二年目からの研修をスムーズに開始できるように、一年目から長崎大学の指導医陣とも連携を取るほか、オンライン教育を活用して国内外の指導医陣からもレクチャーを受けることが可能です。

 

 

本プログラムの詳細についてご興味を持たれた方は、ぜひ一度、こちらからご確認くださいませ。

 

なお、本プログラムの第一期は、2019年4月よりの開始を予定しております。

 

 

 

 

 

We have fortunately launched “Global and Rural Health Fellowship”, a new pilot program for training doctors who are mainly adept at rural medicine, thanks to a new partnership with Department of Clinical Medicine, Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University.

 

 

 

In the first year, the registrars are to practically improve their skills and knowledge that required to GP at the hospitals they chose from a list of Genepro’s partner hospitals.

 

Then, all the registrars is going to transfer their stage to the Nagasaki University and begin to academically enhance their knowledge and skills related to both global and internal rural medicine with a focus on infection, in the second year.

 

 

 

Actually, we are very thrilled to be launching this great project and really glad to enlist a new great partner. This program is to start from April, 2019.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です