超へき地をサポートする ”Centre For Remote Health”

‘rural’と‘remote’の区別は学術的にはすごく複雑だが、 大雑把に言えば、 地理的にも孤立していて、 しかも看護師しかいない、 あるいは医師がひとりしかいない、 そして住民は何百人、といった環境での医療を指す。 […]

もっと読む

教育の要 Training Provider

オーストラリアのGPの研修制度は非常に複雑である。 まずGPの専門研修に入るには、認定学会であるRACGPかACRRMを選ぶ必要がある。 この研修が終了するとFARCGPがFACRRMという称号が与えられる。 &nbsp […]

もっと読む

Rural doctor and Flying doctor

Emerald hospital で働くRural doctor で、月のうち1週間はフライングドクターとして勤務している。 オーストラリアではRFDSが有名だが、Care flight という会社もあり、クイーンズラン […]

もっと読む

産婦人科医療

やはりへき地は産科問題が常にある。   しかしここEmeraldは子供の数も多いし、学校もいくつかある。 教育には幸い困ってはいないらしい。 その分、年間400人の赤ちゃんが産まれる。 うち帝王切開もあるし、も […]

もっと読む

Skin cancer Workshop at Emerald hospital

毎週水曜日はEwenが、町でひとつしかない総合病院で教育を担当しています。   今日のお題は、オーストラリアに多い皮膚がん。   Ewenが皮膚がんの診断や皮膚所見の診かた   総合外科医が […]

もっと読む

Telemedicine

へき地こそIT?テレビ電話の活用 整形外科のフォローアップ外来もテレビ電話。 ERでマネージメントに困ったらテレビ電話。 精神科患者の診察もテレビ電話。 眼科もテレビ電話。 患者さんが移動しなくていいのが一番のメリット、 […]

もっと読む

He’s our Japanese Rural Doctor

『He’s our Japanese Rural Doctor 』 (彼は俺たちの日本人Rural Doctorだ) Emerald というへき地に来ています。   オーストラリア版のドクターコトー […]

もっと読む

学会本部に乗り込む

~オキドキ!へき地医療の先進国から~ Okidoki-Rural Medicine オーストラリアのRural Generalist になるには、 (格式高い)RACGPか (新参者の)ACRRMの どちらかの認定を受け […]

もっと読む

学生が作るRural Health Club

~オキドキ!へき地医療の先進国から~ Okidoki-Rural Medicine 頼まれてもいないのに、勝手にタイトルを決めて連載してみます(笑)。 へき地医療を広めるためのPR活動の一環として、是非みなさまのサポート […]

もっと読む