『ザ・クラシック・ペーパーズ ―The Classic Papers―』

「へき地医療(Rural Medicine)」において “鍵” となるような資料を探していたところ、この本を紹介していただきました。

“Family Medicine: The Classic Papers” という本の題名がまさに示す通り、地域医療(家庭医療)におけるキーパーソンたちが、キーとなる論文を選んだ理由や想いが詰められていて、まるで彼らが傍らで一緒に論文を読んでくれているような気分になります。

 

なお、本書の中では、英ウェールズの医師であり、WONCA Rural HealthのチーフでもあるJohn Wynn-Jones氏と、カナダのNorthern Ontario School of Medicinedに身を置くRoger Strasser氏が、へき地医療について解説しています。

嬉しいことに、どちらも2017年にケアンズで開催されるWONCA Rural Healthにてお会いできる方々です。

 

 

This time, I had been seeking key articles on Rural medicine and finally was introduced to a wonderful book, “Family Medicine: The Classic Papers” !

 

As the title clearly shows, this book includes the key papers selected by key persons in the field of Family Medicine.

Moreover, because the book also tells us about why they chose it, I felt as if they actually read it to me right before my eyes.

 

By the way,  Dr. John Wynn-Jones, the chief of WONCA Rural Health and Dr. Roger Strasser, the doctor of Nothern Ontario School of Medicine, explains about Rural Medicine in the book.

Fortunately, we could meet both of them at WONCA Rural Health hold at Cairns in 2017.

 

Thanks Michael Kidd for introducing me wonderful papers.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です