【へき地医療ツアー】Rural Round-up@大井田病院/高知県

高松で開催される第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会最終日の5月14日(日)に、へき地医療ツアー “Rural Round-up@大井田病院” を企画しました。場所はだるま夕日で有名な高知県宿毛市です。

Rural Generalist Program Japanのへき地トレーニング(Primary Rural & Remote Training)が2018年4月からスタートする病院です。オーストラリアへき地医療学会 (ACRRM) 認定のRGPJは、12ヶ月間国内のへき地離島で、その後の3ヶ月間はオーストラリアのへき地等でトレーニングにチャレンジできる15ヶ月間のプログラムです。

大井田病院の詳細はこちら

■共同主催:ゲネプロ/大井田病院
■対象:初期研修医以上でプログラムに興味のある方
※最小催行人数 2名 最大5名まで(送迎付き)
■日時:学術大会終了後より1泊予定(宿泊はこちらで用意いたします)
■参加費:無料
■申込先:info@genepro.org(担当:呉月順)
※締め切り:4月21日(金)
※メールに、下記をご記入ください。
件名【Rural Round-up参加希望ーお名前】
①お名前 ②所属先 ③医師経験年数 ④連絡先(メールアドレス)

5月14日(日)
13:00頃 高松を出発予定です。
病院到着後、カンファレンスルームにてプログラム説明会を行います。
1. Primary Rural & Remote Trainingで何が学べるか?(ゲネプロ代表 齋藤学)
2. Rural Medicineとマイナーエマージェンシー(大井田病院 院長 田中公章)

19:00- Local dinner(海の幸、山の幸を用意しています)

5月15日(月)
フリー(高知空港まで送迎いたします)
オプション
・大自然に囲まれた訪問診療
・透明度抜群の沖の島ツアー
など

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です