『様々な環境で働けるスキル ―Skills Required in Various Environments―』

都市部に離島へき地、そして途上国。

現在、要請さえ受ければいつでも、途上国へでもどこへでも駆け付けられる勤務体制の実現、およびそれを可能にする教育プログラムの開発が求められています。

もちろん、国内の離島やへき地からの要請があった場合に、すぐさま急行できる集団を構築する必要性についても疑いようはありません。

 

日本に居ながらにして「途上国医療」を勉強できる方法は、何かないものでしょうか。

具体的な方策や仕組みをご存知の方、あるいは何か良いアイデアをお持ちの方などがいらっしゃいましたら、是非教えてください!

 

 

Nowadays, the demand for the system and educational program, which allows doctors to rush to someone’s aid even in developing countries whenever they have received requests for help, has been globally raised.

Of course, the people or group are definitely essential, who could race to the rural areas or remote islands in Japan whenever the need arises.

 

So, I’m now seeking for the ways to learn about the healthcare in developing countries in Japan.

Does anyone know or have any good ideas about it? If you do, I would like you to tell me. I need your hand!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です