『後輩たちと ―with Junior Fellows―』

母校である順天堂大学の後輩たちと、救急医療などについて学習してきました。

今回の指導医は、ロイヤル・メルボルン病院で救急医として働き、現在はGPを目指している高橋先生。

『飛行機の中で倒れた人を助けられるようになりたい』と希望する学生が多かったため、今回は “カンタス航空の機内” という設定に則って、高橋先生にオーストラリア流のシミュレーショントレーニングをしていただきました。

 

また、今回の研修には、順天堂大学を卒業し、現在は厚生労働省に勤める佐藤君のほか、同大学の医学教育グループ「Juntendo Medical Education Group(J-MEG)」のメンバー12名が参加。

患者評価の仕方や現場を統制する方法、あるいは、どのようにして乗客に自分が医者であることを信じてもらうかといったことについて、みっちり2時間。皆でわいわい盛り上がってまいりました。

 

是非、また一緒に勉強しましょう!ここには、立派なシミュレーション・センターがあります。

とりあえず次回の設定は、『畑で人が倒れたら』かな(笑)

 
This time, I participated in the training session on emergency medical care at my alma mater, Juntendo University in Tokyo.

 

Actually, a total of 13 junior fellows, including a graduate of the university who now works at Health, Labour and Welfare Ministry and 12 members of the “J-MEG(Juntendo Medical Education Group)”, partook in the session.

In the session, Dr. Takahashi, who had been working as a emergency physician at the Royal Melbourne Hospital in Australia and now aim to be a GP, played a role as a supervisory doctor.

 

“I would like to learn about know-how to save people who fall sick in the airplane”.

Many of the participants answered, when I asked them about what they would liked to learn in the session. So, Dr. Takahashi gave an “Aussie-styled” simulation training to them.

Eventually, we discussed for more than 2 hours about many topics, such as how to examine the patients and rule the passengers, or how should we behave in order to convince them that “I am a doctor”.

 

I would like to hold another training session with them again in the near future. Next time, let’s learn about the know-how on “saving people who fall sick in the fields”! Haha.

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です