『海外という最高の修行場へ ―For RGPJ Registrars―』

ゲネプロでは、「RGPJ」の研修生に対して、数多くの海外で開催される実地研修やワークショップ、学会に参加できる仕組みを提供しています。

RGPJの研修生は、年に1回、オーストラリアで開催されるへき地医療のカンファレンス「RDAQ Annual Conference」に参加できます。

今年は、南極大陸に果敢にチャレンジし続けるへき地専門家のエイドリアン・マッカラム医師をゲストスピーカーに招き、ブリスベンにて6月上旬に開幕を迎える予定です。

 

そして、へき地医療のワークショップ「RVTS AMS & Remote Workshop」にも、RGPJ研修生のための参加枠を、2枠用意していただきました。

今年はブリスベンにて9月中旬の開催が予定されており、「原住民の医療コース」と「へき地医療コース」の2種類。それぞれのコースで5日間をかけて実践的な研修を重ねます。

 

なお、どちらのイベントについても、渡航費はゲネプロから補助されますのでご安心を。

 

熱意のある医師を全力でサポートする仕組みを、これからも整えていきたいと思います!

 

 

Genepro provides the registrars with the system where they could participate in various hands-on trainings, workshops and academic conferences held in foreign countries.

 

For example, the registrars could attend at the annual conference of rural medicine held in Australia: RDAQ Annual Conference.

This year, the conference invited Dr. Adrian McCallum, a specialist of rural areas including Antarctica, as a guest speaker.

 

In addition, we will offer you an opportunity to participate in the workshops that is to be held in Bristbane this year: RVTS AMS & Remote workshop.

In the workshop, the participants will be able to learn and experience many and various cases in the rural remote areas.

 

We will support those who would like to participate in whichever of the two events both from economic and emotional aspects.

 

We would like to construct a framework for assisting and supporting passionate doctors in Japan and the world!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です