ゲネプロの指導医陣紹介

皆様、あけましておめでとうございます。
奄美大島の下、徳之島よりご挨拶申し上げます。

IMG_8453

2017年4月から開始となる
Rural Generalist Program Japan
の指導医陣を紹介します。

オーストラリアへき地医療学会(ACRRM)でへき地医療専門医を取得し、
南太平洋の島国バヌアツ共和国でWHO担当でPublic Health Practitioner
として働くロッキー(Lachlan McIver)と、

イギリスのGPで、今はオーストラリアのThursday Island(木曜島)で
Rural Generalistとして働くサミー(Samuel Jones)です。

二人とも、懐の深い、教育熱心な、何よりも一緒に居て楽しい仲間です。
ちなみに木曜島は司馬遼太郎が訪れたことのあるインドネシアの下にあるオーストラリアの島です。
周囲の島々の中核となる病院があり、病院の目の前にあるヘリポートは圧巻です。

インドネシアからの患者も多く、結核やチフス、外科的な緊急や
ヘリ搬送もあれば、南の島を満喫する時間もあるようです。

Lachlanから今日届いたメールの一部を紹介します。
I’m now doing a two-week locum on Thursday Island.
It’s terrific medicine up here – tuberculosis, typhoid fever, extreme medical cases, surgical emergencies, helicopter retrievals and the rest, all in a tropical island paradise:)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です