ロイヤル・フライング・ドクター・サービス(RFDS)

ついに来ました ロイヤル・フライング・ドクター・サービス(RFDS)
~from dream to history~

10957399_478280612327096_2106940315680550676_n

 

やはりオーストラリアといえばこれでしょう。

無条件に「かっこい~!」と叫んでしまう。

空飛ぶICU、フライングドクター。

11009205_478280265660464_5400238465920036610_n

 

しかし、ドクターの搭乗率は10%程度で、

ほとんどがフライング・ナースとパイロットで対応しているとのこと。

10985357_478280488993775_7114923620004179306_n

 

ナースはかなりのスキルを身に付けており、

救急・集中治療・産科をすべて経験していないと資格が得られない。

11046230_478280432327114_7722607999361350056_n

オーストラリア全土に21基地、63機の固定翼を保有している。

もちろん24時間365日運用されており、スタッフもシフトを組んで対応している。

アリススプリングスだけでも固定翼(PC12)が6機あった。

 

オーストラリア国内は、ヘリでの移動は到底厳しく、ほとんどが固定翼である。

固定翼の最大の難点は着陸場所に難渋することだが、

Senior base pilotのGeoff曰く、1000mあれば十分に着陸できるとのこと。

11243471_478280395660451_3900207262565600847_n

 

いまでは当たり前のRFDSだが、1928年にJohn Flynnが

当時の首相に一通の手紙を書いたことからはじまる。

11047872_478280298993794_6854560869355292864_n

アリススプリングスの市内、病院のすぐ裏に博物館があるが、

そこではJohn Flynnが首相に宛てた手紙を読み上げる映像を観ることができる。

胸熱くなるストーリーであり、後に英国女王が視察にみえ、“Royal”の称号が与えられた。

John Flynnと当時の機体は20ドル紙幣にも描かれており、オーストラリア国民が誇りとするRDFSである。

11265547_478280545660436_2781478776664772984_n

 

緊急以外にも、医師や看護師の定期搬送や、超へき地支援への

移動手段としても使用されているが、単純な患者搬送だけでも1日平均148件、年間5万件を超える。

この日だけでも午前中に2件、午後に2件、そして見学中に2件と、休む暇はない。

しかし6機(うち緊急用が4機、巡回用が2機)あるので、なんら問題はない。

 

11329817_478280562327101_1440658221389611906_n

ちょうど搬送要請があり、アリススプリングス病院のERで働く医師が

搭乗しに駆けつけてきたところで少し話ができた。

普段はERで仕事をしながら、緊急時は“Retrieval Doctor”として出動するそうである。

11096597_478280638993760_2156737240296185737_n

これは日本のフライトドクターと一緒だが、

アリススプリングスの人口2.5万という小さな町に、

この種のフライトドクターが12名も登録されているというのは驚きである。

 

見学翌日に、ジェフにプレゼントを持って行った。

勝手に入れる優越感と一緒に。

しかしジェフは飛行中であった。

これまたかっこいいな~。

ニセコでスキーをするのが大好きだそうで、日本に来た時は

是非全国公演ツアーをしようと握手をして別れた。

http://www.flyingdoctor.org.au/about-the-rfds/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です