ワークショップ 一覧

『ポスター&バナー完成! ―Ready for Rural GP Masterclass―』

「RuralGPMaterclass」のポスターおよびバナーが、ついに完成しました!ということで、さっそく見せびらかせてください(笑)。なお...

記事を読む

『RVTSが生まれた理由 ―The Raison D’etre of RVTS― 』

――教育を受けられる環境がないばかりに、離島へき地で働く医者が地域を離れてしまう。――だから、住民たちも不安に陥る。――そして、地域の病院や...

記事を読む

『祭りのあと ―after The Festival―』

昨日の夜、イーウェン先生ご夫妻も無事に帰国され、多くの方々による真摯なサポートのおかげで、成功裏に終わりを迎えられた「ザ・手技」ワークショッ...

記事を読む

『「ザ・手技」ワークショップ 本番開始 ―RGPJ Workshop Has Begun―』

多くの方々の支えと尽力あって、ついにこの度、無事に「ザ・手技」ワークショップの開催に漕ぎ着けることができました!総合診療医(GP)に求められ...

記事を読む

『RGPJワークショップまで、あと1週間』

「必要な機材は、清潔じゃない手袋、23Gカテラン針、延長チューブ、20㏄のシリンジ、3Mテープですね。ほかの機材は旭川から持参できますが、針...

記事を読む

『ワークショップ開催決定 ―Workshops Supervised by The RDAA President』

来る7月15日と16日の2日間。「RGPJ」が提携する研修病院の1つである島田総合病院にて、ゲネプロ主催のワークショップを開催します。今回、...

記事を読む

『古くて新しい医療としてのへき地医療 ―Workshop on Rural Remote Medicine―』

今回、日本プライマリ・ケア学会の「島嶼及びへき地医療委員会」にて、我々ゲネプロもワークショップを開催しました。48人の枠はすぐにいっぱいとな...

記事を読む