『RGPJ 第2期生の出航に向けて ―for the 2nd RGPJ Registrars―』

RGPJ(Rural Generalist Program Japan)第2期生のためのオリエンテーションが、間もなく東京にて開催を迎えます!

北は北海道、南は鹿児島まで。全国各地から集った12名の志ある先生方が、来る4月からは同期として、日本各地へと羽ばたきます。

研修先には、長崎県上五島、千葉県銚子市、島根県益田市、高知県宿毛市の4箇所が名乗りを挙げてくださり、それぞれの離島や地域にて、それぞれが目指す総合診療医への道を歩み始めます。

 

今回のオリエンテーション開催にあたっては、各研修先病院の院長先生はじめ、事務の方々や研修生をサポートしてくださる先生方にもご参加いただき、数ヶ月後に開始される勤務に向けて、第2期生と意見交換を行うほか、お互いの要望等の擦り合わせなども行われることとなります。

 

第1期生の “出航” から、もうすぐ1年。誰よりも早く先陣を切った先輩の姿を見た後輩たちが、新たな大海原へと漕ぎ出す日も、もう目前です!

 

 

The orientation for the 2nd RGPJ(Rural Generalist Program Japan) registrars is about to be held in Tokyo, today!

From Hokkaido in the north to Kagoshima in the south, new 12 registrars are gathering at the venue and they are to start working in rural remote areas in Japan from this coming April.

 

Thankfully, a total of 4 hospitals have declared bid for clinical training for the registrars: Kamigoto hospital (Nagasaki Prefecture), Shimada General Hospital (Chiba Prefecture), Masuda Medical Association Hospital(Shimane Prefecture), Ooida Hospital (Kochi Prefecture).

They are going to get training for Rural GP who they dreams and visualizes respectively, while working as a doctor there.

Moreover, every directors and chief clerks of each hospitals are also to participate in our orientation for opinion exchange and coordination between hospitals and registrars.

 

Anyway, it has been about a year since the “voyage” of the 1st RGPJ registrars. Their courageous decisions and actions eventually lead to the 2nd registrars’ determination. With no doubt, I believe so!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です