『RGPJ第1期生、RVTSデビュー ―RGPJ Registrars Has Debuted at RVTS』

RGPJ第1期生の森田順先生と石飛奈津子先生の両名と共に、オーストラリアのブリスベンにて開催される「Remote Vocational Training Scheme(RVTS)」のワークショップに参加してまいりました!

今回のワークショップでは、オーストラリア全土の離島へき地で研修中の医師たちが一所に集い、手技を中心に強化。

RVTSの創設者であるパトリック・ギディングズ氏“International Guest(海外からの招待客)” として紹介していただき、参加者の皆さんにはとても暖かく迎え入れていただけました。

これは私自身も驚いたのですが、ワークショップに海外からの見学者が参加するのは、何とRVTS史上初の出来事とのことです。

また、ワークショップ後に催された晩餐会の場では、RGPJ第1期生によるプレゼンテーションも行われました。

石飛先生によるプレゼンテーションの様子を収めた映像を下にシェアさせていただきますので、是非ともご覧ください!

 

なお、明日からは、エメラルド病院の見学ツアーです。

今年7月に銚子で開催されたRGPJワークショップに駆け付けてくださったイーウェン・マクフィー先生が、30年近くに渡り地域医療の礎であり続けた場所で、へき地医療について1泊2日で存分に学んでまいりたいと思います。

 

 

This time, I was, thankfully, invited to the workshop conducted by RVTS(Remote Vocational Training Scheme) at Brisbane, Australia and participated in it with Dr. Jun Morita and Dr. Natsuko Ishitobi, the registrars of RGPJ(Rural Generalist Program Japan).

 

At the venue, Dr. Patrick Giddings, who is the founder of RVTS, introduced us as “the international guests” and everyone there offered a warm welcome to us.

To my surprise, this was the first time for RVTS to invite visitors from foreign country to attend at their workshop!

 

Moreover, Dr. Morita and Dr. Ishitobi had the opportunity to make a presentation at the formal dinner that was held after the workshop.

Although both of them looked tense and nervous, in fact they were so, they pulled off the presentation.

 

By the way, we are to visit Emerald Hospital as a observation-cum-study from tomorrow; Emerald is, actually, the place where Dr. Ewen McPhee had played an important role in the community health for nearly 30 years.

We would like to exploit this big chance to enhance both skills and consciousness as a Rural Generalist!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です