『頼れる「親父」が、もう1人 ―A New Dependable “Daddy”―』

幸運にもまた一人、頼れる「親父」が我々をサポートしてくださることとなりました。

藤谷茂樹先生は、今や日本有数の病院の1つに数えられる東京ベイ・浦安市川医療センターに立ち上げから携わり、今年からは聖マリアンナ医科大学において教鞭を執り、救急医学について指導していらっしゃいます。

 

藤谷先生は島根県益田市のご出身であり、我々の「親父の背中」プログラムにもご賛同してくだいました。

また、定期的に “藤谷塾” を益田市にて開催し、益田市医師会病院に勤務する診療看護師(NP)の教育も視察するほか、遠隔医療による指導など、同プログラムの質を担保する上で強力な後ろ盾となってくださいます。

さらには、益田市を中心とした地域医療研究を行ったり、同市では学び切れない部分の補強をするために、聖マリアンナ医科大学の救命救急センターにて研鑽を重ねることも可能になる予定です。

 

 

A new dependable “Daddy”, Dr. Shigeki Fujitani who were born in Masuda city, has fortunately joined in and supported our “Daddy’s Back” program, today!

 

Dr. Fujitani had involved in the establishment and operation of Tokyobay UrayasuIchikawa Medical Center, which has now been known as one of the most well-reputed hospital in Japan.

And, he has now been professor at St. Marianna University School of Medicine and taught about emergency medicine.

Moreover, he thankfully offered and promised his cooperation to us and the program from various aspects and with a range of ways.

 

We indeed welcome the participation of him from the bottom of our heart!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です