『第4回「Be A Better Doctor」―“Be A Better Doctor” Vol.4 by Dr. Lachlan McIver 』

第4回目となる『Be a Better Doctor(オーストラリア講師陣による月例オンライン講義)』のトピックスは、「Global Health(グローバルヘルス)」。

太平洋諸島の途上国における医療支援・へき地医療教育を構築するNPO「ROCKET+SHIP Pacific」の創設者であり、「WHO」や「国境なき医師団」において医療顧問としても活躍するロックラン・マクアイヴァ―医師を講師に迎えて行われました。

今回の到達目標は、以下の通りです。

 

  • Be able to describe the current global health landscape
    (グローバルヘルスの現状を説明できるようになる)
  • Understand the major trends affecting global health, including critical needs and opportunities
    (グローバルヘルスに影響を及ぼす主要な動向、真に必要とされるものや機会について理解する)
  • Become leaders and champions for global health
    (グローバルヘルスにおけるリーダーや擁護者となる)

 

途上国、とりわけ熱帯気候に属する国に住む人々の健康を脅かす疾病とその背景について、ロッキーは、実際のデータと症例を取り上げつつ論理的に解説してくれました。

また、講義の途中に設けられたクイズセッションでは、パプアニューギニアなどで実際に診た症例を題材にしたロッキーからの出題に、研修生の頭はまさにフル回転。

 

 

そして、“Inequity”“Inequality”。どちらも日本語では「不公平」あるいは「不平等」といった言葉に訳されるこの2つの言葉が、今回の講義におけるキーワードに。

 

「公衆衛生とグローバルヘルスについて考えるにあたっては、この2つの言葉が持つ意味合いの違いを理解することが重要だ」

ロッキーは真剣な面持ちで、そう研修生に語りかけました。

 

曰く、Equityとは、「結果的に皆が同じレベルに達するように、ニーズに応じたものを与えること」。

曰く、Equalityとは、「ニーズに関係なく、皆に平等に与えること」。

 

しかしながら、現実は “ニーズ” と “与えるもの” とが噛み合わず、格差は広がる一方の状況にあるとのこと。

熱帯医学と公衆衛生を専門としている彼のレクチャーは常に全世界を見据えており、聴く者の視野をいつも広げてくれます。

ロッキーの講義に対する真摯な姿勢のおかげで、今回のBe a Better Doctorも、熱意とスリルに溢れた非常に刺激的な講義となりました。

 

 

The other day, the 4th “Be a Better Doctor”, a monthly online lecture supervised by Australian Rural GPs, had held.

This time, Dr. Lachlan McIver, who had been working at WHO and Medecins Sans Frontieres as a medical adviser, played a role as a lecturer.

For your information, he had also set up “ROCKET+SHIP Pacific”, an NPO established in order to strengthen primary healthcare systems in the Pacific island regions, and also had been playing an important role in education of primary healthcare in Vanuatu and East Timor.

 

By the way, the main topics of the lecture was “Global Health”.

The registrars earnestly listened to what Lachlan taught and learned about global health from various aspects, under the 3 main themes below:

  • Be able to describe the current global health landscape
  • Understand the major trends affecting global health, including critical needs and opportunities
  • Become leaders and champions for global health

 

In the lecture, Lachlan emphasized the importance of grasping the differences between “Inequity” and “Inequality” semantically, when we think about the public health and global health.

 

In the context of global health, he said, Equity means “to provide something with others so as to allow everyone eventually to reach the same level, depending on their needs”.

On the other hand, Equality means “to provide something with everyone evenly, regardless of their needs”.

Sadly, however, as the needs and the provided often discord with each other in the reality, so the gap among the people has gradually been widened.

He taught us the current “reality” of healthcare in many of developing countries.

 

He always has a broad and global perspective, so his lecture always broaden our horizons, too.

Thank you so much for a great lecture and dedication, Lachlan!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です