Rural GP Masterclass@益田市医師会 募集開始!

島根県益田市医師会とゲネプロがタッグを組んだ「親父の背中」プログラムでは、益田市医師会の「オヤジ」たちの想いと熱意を隠さず飾らず、しかし謙虚に若手医師に伝承できたらと思います。その第1弾として2年前から温めていた「Rural GP Masterclass」を島根県益田市で開催します。

Rural GP Masterclassとは

長年地域に根ざしてきた開業医による「匠の技」にフォーカスを絞った研修会です。ベテラン医師の診療を見る機会はなかなかありません。日頃若手医師が悩んでいることは、開業医達がとうの昔に悩んだことだったりします。教科書には書けない秘伝の技、患者さんと長年付き合うコツ、落ち込んだ時の気持ちの切り替え方など、息子、娘世代の若手医師に伝授する機会を設けようと、今回益田市医師会とゲネプロがタッグを組むことになりました。開業医の「匠の技」と「GP診療の最新のエビデンス」、乞うご期待ください。

【研修概要】(予定)

皮膚科「湿疹の診断となかなか治らないかゆみの対処法」
整形外科「膝の関節注射と手術適応、歩けない腰痛患者の対応」
耳鼻科「耳鼻科の器具、喉頭ファイバー、そして鼓膜切開まで」
へき地診療所「Rural GPと1200人の集落」
など。

ほかに日常診療のQ&Aセッションも設ける予定です。

 

〜益田市へようこそ〜  by 益田市医師会副会長 松本祐二

1982年から島根県益田市の松本医院の院長をしています。江戸時代から続く医家の8代目の医師です。古くは體仁堂の屋号でした。地域医療も大切だけど地域で生活するという視点に加えて世界の中でも生きて行く。ポリオの根絶を目指しての活動もしています。益田市医師会には、長年培った診療のコツ、かっこつけて言えば「匠の技」を包み隠さず秘伝したい「親父たち」がたくさんいますのでいつでも遊びに来てください。嫌がられない程度に教えます。


開催概要
・開催日時 9月23日(土)〜24日(日)
・場所 島根県益田市医師会
・対象:初期研修医2年目以上
・参加費 無料(旅費支給あります。詳細はお問合せ下さい。)
・募集8名(申し込み多数の場合はこちらで選ばせて頂きます)
・お問い合わせ・お申し込み:info@genepro.org(担当:宮島)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です