『祭りのあと ―after The Festival―』

昨日の夜、イーウェン先生ご夫妻も無事に帰国され、多くの方々による真摯なサポートのおかげで、成功裏に終わりを迎えられた「ザ・手技」ワークショップも、ようやく一段落。

今日は、今回のワークショップの振り返りをするとのことで、会場を提供してくださった島田総合病院にまで足を運びました。

ミーティング開始の10分前に席に着くと、和訳されたイーウェン先生からのメッセージと、袋詰めされた全国から集った参加者の方々からのお土産が机の上に。

ミーティングでは、理事長および院長を筆頭に各自が振り返りの言葉を述べ、様々な意見や反省点が飛び交いましたが、驚くべきことに、早くも1年後のワークショップ開催に向けた準備を開始してくださっています。

 

「バスの中は、修学旅行のように賑やかでしたよ。あんな賑やかな送迎は初めてでした」

そう嬉しそうに話しかけてくださったのは、ワークショップで送迎バスの運転手を務めてくださった方でした。

何気ないその一言が、今回のワークショップを一言で表しているように感じられ、とても印象深く響きました。

 

きっと今回、参加者の皆さんも、島田総合病院の飾らないホスピタリティに触れていただけたのではないでしょうか。

色とりどりの “絵具” と、真っ白な “画用紙” が整えられているこの病院でならば、皆で楽しくわいわいと、自由に素敵な絵を描くことができそうです。

 

 

After Dr. Ewen McPhee and his wife had left Japan and returned to their home last night, the “The Procedure” workshop has also seemed to be finally brought to an end.

Today, however, I visited Shimada General Hospital to participate in a meeting for evaluation of the workshop.

 

At the meeting, every participants, including president and director of the hospital, reviewed the workshop and offered opinions in order to embody it in another opportunities.

What most surprised and pleased me there was they had already looked ahead to the next workshop that might be held next year!

 

By the way, while I stayed at the hospital, a person who had played a role as a driver of the transfer bus in the workshop gave me a great word.

“In the transfer bus, passengers wormed up as if they were in the school trip. It was the first time for me, too.”

He described the essence of what we could achieve through the workshop in a single word.

 

I believe every participants could experience the Shimada General Hospital’s genuine hospitality in the workshop.

Now I’m sure that we could freely “paint” a wonderful future for the healthcare with this hospital and staffs!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です