上五島より愛をこめて ―from Kamigoto Island with Love―

今回、「RGPJ」第1期生の石川先生が、研修先の上五島病院で実施された看護師さん向けの勉強会に登壇。

 

そんな石川先生ですが、先日、週例のオンライン英語レッスンにうっかり遅刻してしまうという一幕がありました。あ、別に石川先生を咎めている訳ではありませんので、ご安心を(笑)

 

「すみません!看護師さん向けの勉強会の資料を準備するのに夢中になってしまって、つい…!」

30分しかないレッスンの最中だったこともあって、焦った様子で申し訳なさそうに述べられた言葉を深く掘り下げることができずに終わってしまっていたのですが、「なるほど。この勉強会の準備に熱中してたのか」、と納得。

 

念入りな準備の甲斐もあって、「血液ガス」および「酸塩基平衡」に関する講義と演習を、そつなくこなされていました。

 

また、石川先生は、オーストラリア指導医によるウェビナーのファシリテーションや、研修生間での英語リソースの共有などについても協力してくれています。

「RGPJを一緒に創り上げていきたい」という想いを形にしようと、色々な提案や様々な実践を積極的に行ってくれる第1期生の皆さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて、来る7月。千葉県は銚子市にて、RGPJが世界デビューを果たした4月のオーストラリア以来、3ヶ月ぶりに研修生が一堂に会することとなります。

銚子の街を流れる穏やかな潮風の中、皆でわいわい楽しく真面目に盛り上がりましょう!

 

 

The other day, Dr. Ishikawa, one of the first “RGPJ” registrars, gave a lecture for clnical nurses at Kamigoto Hospital, Kamigoto Island, Nagasaki prefecture.

 

The main topics of the lecture were about “blood” and “acid-base balance”.

As a result of his efforts, it ended successfully. He coherently lectured about the topics and nicely supervised the nurses who received practical training.

 

Also, he has been cooperating us in facilitation at the webinars that is supervised by Australian Rural GPs or sharing the resources written in English between the registrars.

Thankfully, all of the registrars proactively make a suggestion to us and actually execute the ideas in order to make RGPJ better, feeling with our wish.

I would love to tell them how thankful I am!

 

By the way, in the coming July, all of them are to gather at the same place for a workshop for the first time in three months.

Let’s warm up cheerfully and set the mood seriously for the workshop together!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です