『ど田舎からのお話 ―Stories from the Sticks―』

来る6月8日から10日にかけて、オーストラリアのクイーンズランド州はタウンズビルにて、「RDAQ(Rural Doctors Association of Queensland)28th Annual Conference」が開催されます。

幸運にも、オーストラリアのへき地医療をリードするジェームズクック大学の医学生サークル「Club RHINO」から招待を受け、最終日に開催される医学生と医療従事者との交流を目的とした朝食会 ”Stories from the Sticks(ど田舎からのお話)” に参加する機会を得ました。

 

「RGPJ(Rural Generalist Program Japan)」の第1期生である青木信也先生とともに登壇し、日本とオーストラリアの医学生を繋ぐ架け橋になってきたいと思います。

 

 

We fortunately received an invitation from Club RHINO to upcoming “Stories from the Sticks”, which is to be held at the final day of “RDAQ 28th Annual Conference” in Townsville next week.

 

The Club RHINO is a circle consists of medical students of James Cock University. And, Stories from the Sticks, hosted by them, is a social networking breakfast for student and health professionals.

So, I and Dr. Aoki, one of the first registrars of “RGPJ”, is to participate in the breakfast and give a speech.

 

We will do our best to become a bridge between medical students in Japan and those in Australia!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です