『木曜島の夜会 ―An Evening in Thursday Island―』

4月28日から5月2日にかけて、オーストラリアのケアンズにて「Rural WONCA 2017」が開催されます。

参加を目前に控えたこのタイミングで、ゲネプロのメンバー一同で、ケアンズより北に830kmに位置する木曜島にお邪魔してきました。

初日はあいにくの天候で、嵐の真っ只中にフェリーは着岸。

木曜島病院でGP麻酔科医として腕を振るうサム・ジョーンズ先生が、わざわざ港まで迎えに来てくれていて、一緒にびしょ濡れになりながら島内ツアーを敢行しました。

サムとは、今年1月に東京で開催した「RGPJオリエンテーション」以来なので、およそ3ヶ月ぶりの再会です。

 

そんな彼の自宅のベランダからは、ヘリポートを囲む海が一望できます。

「日本を巡った2週間の旅は毎日が楽しかったけど、木曜島は小さいから4日間も居れば退屈しちゃうよ」

サムの奥さんであり、私のロールモデルの1人でもあるリアンは、そう言って笑いながら我々を気遣ってくれました。

 

「サムたちが居るところなら、どこにだって会いに行くよ」

自然とそんな想いが口からこぼれてしまうほど、とても素敵な2人です。

 

ジョーンズ一家が愛してやまない木曜島での生活も、間もなく2年目を迎えます。

彼らが綴ってきた “木曜島ストーリー” と、それぞれの抱く “人生の夢” とを夜更けまで語り明かす。そんな初日の『木曜島の夜会』(←司馬遼太郎の原作から拝借)でした。

 

 

We visited Thursday Island in Australia to see Dr. Samuel Jones and his wife, Lianne before We participate in the Rural Wonca 2017.

 

Unfortunately, we had a day of storm on the first day in the island. Sam, however, came all the way to pick us up at the port and gave us a guided tour of the island.

We met him for the first time since Sam and his family had enjoyed 2-week trip in Japan in this past January.

 

“In the 2-week trip across Japan, we felt interesting and exciting everyday. But, Thursday Island is very small, so you would be boring if you stay here for 4 days.”

Lianne, one of the roll models of me, jokingly said and smilingly had regard for us.

 

“I will see you wherever you are.”

It was not a lie at all. Sam and Lianne have been admirable for me and always let me think so.

 

Almost a year has gone by since they settled down in the island.

We stayed up late and talked about not only the “Thursday Island Story” that they had weaved through their life in the island, but also ”each persons’s dreams”.

 

It was a wonderful “evening in thursday Island”.

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です