『12ヶ月間の仲間 ―Reliable Comrades in Tokunoshima Island―』

「RGPJ」第1期生として徳之島に着任した阿川先生と石飛先生のために、島の皆さんが盛大な歓迎会を開いてくださいました。

月曜日だと言うのに、宮上病院と徳之島消防から駆けつけた人の数は、なんと総勢53名!

あまりの人数の多さに、いつもの居酒屋では収容不可能ということで、急遽地元のミュージックホールに会場を変更せざるを得ないほどでした。

 

島民からの厚い歓待を受ける阿川先生と石飛先生は、早くも徳之島のプリンス&プリンセス状態に(笑)

泣いても笑っても、たったの12ヶ月。

沢山の頼もしい先輩と後輩が、背中を守ってくれています!精一杯頑張って、思いっきり泣いて、とことん笑ってきてください!

 

 

This time, Tokunoshima Islanders held a welcome party for Dr. Agawa and Ishitobi, both of who had arrived at the island as the first RGPJ registrar just the other day.

 

Although it was held on Monday, a total of 53 people from both Miyagami Hospital and the island’s fire company attended at the party!

As the number of attendees exceeded expectation, we hastily changed the venue from my favorite izakaya to a local music hall.

 

When the two registrars received a royal welcome from islanders, they looked as if they were a prince or pricess of the island, haha.

 

Like it or not, you two have only 12 months before the end of the program.

Actually, many comrades will give you a supportive push. So, never be hesitating! Try hard. Have a good cry. And, have BIG smiles as many as you can!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です