『英語は筋トレ ―Learning English Is Like A Muscle Training―』

先日、「RPPJ」の英語レッスンが始まりましたが、まだまだ「離島医療」に慣れない中で、研修生は時間を工面してはレッスンに励んでいます。

『英語は筋トレ』とは、京都大学アメフト部出身でライスボウルへの出場経験を持ち、今はアメリカで “がんのプロフェッショナル” として活躍している白井 敬祐先生の言葉。

今月のどこかで、白井先生にはテレビカンファレンスを通じて研修に登場していただき、研修生との交流の場を設ける予定です。

 

皆、頑張れ!きっとRGPJ研修生も、来年の今頃には上の写真のような「RFDS(Royal Flying Doctor Service)」の一員として、オーストラリアの荒野に立っていることでしょう。

ちなみに現在、実際にRFDSの任務に研修生を同行させられるように、関係各所と協議中です。

 

 

The other day, the English lesson for RGPJ registrars has begun. So, now they have proactively participated in the lessons with arranging their schedules in a busy life.

 

“Learning English is like a muscle training”, said Dr. Keisuke Shirai, who played American football in earnest at Kyoto University and has now worked as a “cancer professional” in the US.

We are planing to invite him to attend remotely at our training program and give a lecture for the registrars in the near future.

 

Go for it, RGPJ registrars! I believe everyone will have worked as a member of “RFDS(Royal Flying Doctor Service)”, like the picture above, in Australia by this time next year!

Actually, we have now been negotiating with persons concerned so as to let the registrars directly engage in the RFDS’ tasks and missions.

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です