『RVTS Sydney Workshops、始まる ―RVTS Sydney Workshops Day 1―』

RVTS Sydney Workshops」が、ここシドニーにて開幕を迎えました。

オーストラリアのへき地で働く医師たちが集い、3学年あわせて計60名。30名のスーパーバイザーとスタッフも参加する規模のワークショップとなります。

RVTSは3年間の研修プログラムであり、1年目から3年目まで、研修医と指導医が一丸となってへき地医療に必要な知識や技術の習得に努めます。

今回のワークショップもオリエンテーションから始まり、オンライン教材の使い方、遠隔教育におけるスーパーバイザーとメンターとの違い、研修生の定めた目標に到達させるための指導法、基礎的な超音波検査やクリニックの運営の仕方などに至るまで、初日から盛り沢山の内容でした。

そして、夜には、研修生と指導者、およびその家族のためにウェルカムパーティーも。

和やかに、けれど真剣に。同じ境遇にある研修生たちが、シドニーのど真ん中のホテルに一堂に会し、へき地医療に熱く想いを馳せています。

 

Today is the opening day of RVTS Sydney Workshops!

A total of 60 registrars, who has been working in rural remote areas in Australia, gathered together at the venue in Sydney!

They are to learn about various techniques and knowledge on rural medicine here.

 

In the first day, we learned about many things: how to utilize online materials, the differences between supervisor and mentor in the remote medicine education, how to lead the registrars to achieve their goals, the basis skills and knowledge about echography, how to operate the clinic, and so on.

 

At the night of the day, a welcome party for registrars, supervisors and their families was held at a hotel in the center of Sydney.

In the party, registrars talked about rural medicine not only friendly but also seriously.

We are all in the same boat!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です