『オーロラを見ながら離島医療 ―Rural and Remote Medicine under Aurora―』

オーロラを見ながらのへき地医療研修は、いかがでしょうか。

トロムソの夜空を鮮やかに彩るオーロラ

ノルウェーのトロムソ県に属するカールソイは、北極圏内に位置する離島であり、美しいオーロラの観測スポットとしても有名です。

そんな北欧の離島で活躍するGPのグリィ・バーンツゼン先生が、今年3月末に日本を来訪されます。

 

ノルウェーのトロムソ大学には、政府からの支援も受けるNCRM(Norwegian Centre of Rural Medicine)というへき地医療や地域医療に関する研究機関が存在しており、世界的に見てもトロムソはその分野に関する研究が盛んな地域の1つです。

 

また昨秋には、今年の「WONCA Rural Health Conference」に先立って、へき地医療関連の世界的なカンファレンスである「Generalism in Rural Medicine 2016 September」も、ここトロムソにおいて開催されました。

このカンファレンスには北欧、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアの各国に加え、アジアからもタイや台湾、日本の研究者が参加しています。

 

私自身もファシリテーターの1人として壇上に立ち、「Translation of Research into Policy(どのようにして研究を政策に転換させるか)」というテーマについて、各国からの参加者たちと延々と議論を交わしました。

トロムソは、満天の星空も本当に美しい

なお、グリィ先生は今回、主に福岡、宮崎、鹿児島の3県を中心に移動される予定です。

保存食文化の根付く中での生活習慣病の予防から始まり、雪中での訪問診療や水・陸・空それぞれにおける医療搬送、あるいはお産や手術などについても、いったいどのようにして行われているのでしょうか。

 

そんな我々にとっても非常に興味深い “北極圏という過酷な地域におけるへき地医療” の実態について、来る3月26日に博多と鹿児島市内の2ヶ所で講演をしてくださいます

 

さて、ゲネプロの提供する「RGPJ(Rural Generalis Program Japan)」では、Elective Program(短期研修)という形で、オーロラを見ながらの研修も実現しています。

オーロラを見ながらのへき地医療研修は、いかがでしょうか。

 

How about training of rural and remote medicine under the Northern Lights?

 

At the end of this March, Dr. Gry Berntzen, who has worked as a GP in remote islands in Norway, will come to Japan.

During her stay in Japan, she is going to stay mainly in Fukuoka, Miyazaki and Kagoshima prefecture.

 

And, to our delight, she is to give a helpful lecture for us on a very interesting topic in Fukuoka and Kagoshima: the reality of the healthcare in the Arctic areas.

 

By the way, her stronghold extends over many Norwegian remote cities and islands including Tromso, the city located within the Arctic Circle and is famous for very beautiful Aurora.

Actually, in Tromso, there is the University of Tromso; the University hasNCRM(Norwegian Centre of Rural Medicine), which is a government-backed research institute relevant to rural and remote medicine.

So, the research on those medicine has been thriving in the city worldwide.

 

Moreover, last autumn, “Generalism in Rural Medicine 2016 September“, one of the world conference on rural and remote medince, was held in the city.

Many researchers participated in the event from Northern Europe, Europe, the United States, Canada, Australia, Thailand, Taiwan and Japan.

I also attended at it as a facilitator and had a long and heated discussion with them about the theme of “Translation of Research into Policy”.

 

As well, our “RGPJ(Rural Generalis Program Japan)” will offer a short-term training course conducted in such a Northern areas.

Then, I would love to ask you, again.

 

How about training of rural and remote medicine under the beautiful Aurora?

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です