『離島にいながら留学気分 ―Clinical Visit to Tokunoshima Island―』

地域医療の本場でもあるオーストラリアにて、“へき地専門医” として活躍するサム・ジョーンズ先生が、家族とともに遠路はるばる徳之島を訪ねてくれました。

 

 

徳之島に降り立ったサムは、実際の医療の現場を精力的に立ち巡っては、現地の医療関係者に対して理論的な指導を実施。

 

地域それぞれのニーズをどうやって把握するのか、地域住民とはどのようにコミュニケーションをとれば良いのか。

 

といった内容を含め、離島における救急医療や在宅医療について熱心な現地指導が行なわれました。

へき地専門医として、長年に渡り積み重ねた豊富な経験によって醸成された知見の数々は、どれもとても有意義で真摯に耳を傾けるべきものばかり。

にもかかわらず、サムはいつでも、自身の貴重な体験を惜しげもなく我々に還元してくれます。

 

 

オーストラリアが育んだ “熱い” 医師、サム・ジョーンズ。

彼のおかげで今回、まさに英会話の「駅前留学」ならぬ医療の「離島留学」が、ここ徳之島にて実現することとなりました。

 

 

This time, Dr. Sam Jones, who has been a specialist of rural medicine in Australia, came to Tokunoshima Island.

In the island, he energetically visited actual medical front and offered guidance to local health-care professionals on home care service and prehospital medicine in remote islands.

 

Furthermore, he also taught us about the way to understand the local needs for medicine and how to communicate with community residents.

 

With no doubt, all of Sam’s knowledge, which has been formed by a great deal of experience as a rural medicine specialist, are really thought-provoking and worthy for us to listen honestly to.

Nevertheless, he always tells and conveys it to us without any stint.

 

Thanks to Sam, we could felt as if I studied medicine in Australia while still being in Tokunoshima island.

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です