『Making of Rural Generalist Program Japan ―プログラム始動―』

ついに迎えた第1期生お披露目の日。

応援に集まった仲間たちとオリエンテーションに向けて準備を進めている風景を、ふと写真に収めてみました。

なんと、今日の料理長は、初代「沖縄そば王」の栄冠に輝いたこともある沖縄そばの人気店「いしぐふー」の大将。

わざわざ沖縄から二つ返事で東京にまで駆け付けてくれた熱い彼が、今日は自慢の沖縄そばを全員にふるまってくれます。

さらに、オリエンテーションの締めには、徳之島観光大使の禎一馬さんによるミニライブも。

 

東京のど真ん中にあるはずの小さな会場が、今日ばかりはまるでどこかの離島へと様変わりします。

 

Today, it’s time to unveil our first registrars to the world!

The photo above captured the one scene where our peers was preparing for today’s orientation.

 

Surprisingly, the owner of the very famous and popular “Okinawa Soba (the Okinawa-style soba noodle soop)” restaurant flew all the way from Okinawa prefecture for supporting our launching ceremony. He is Today’s master chef.

In addition to his support, this time we could get the great cooperation of a Tokunoshima island’s tourism ambassador. He would play and sing the island’s folk songs at the end of the orientation!

 

Thanks to the two special guests, the venue in the central Tokyo must turn to a certain small remote island today!

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です