究極の離島医療「南極プログラム」

「おっもしろい医者がいてさ〜。そいつ虫垂炎コースとか作っちゃって。

そして気がついたら、南極プログラムってのをやってるから、驚きだよ。

1年くらいはどうですか?だって」

Antarctic Medical Practitioner

antarctic

James Cook University Dr Jeff Ayton

 

ずっとは住めないが、魅力的な、しかし過酷な南極プログラム。

これで倍率が高いというのだから驚き。

やっぱり教育に人は集まるな〜。

しかし、ひとりで、しかも南極で…。

さすがに勇気がいる。

 

このプログラムに何を期待するか?

何が怖いか?

それをクリアすることで、不安を解いていく。

 

このプログラム、ACRRMの専門医取得にカウントされるのだから、やはりオーストラリアはぶっ飛んでる。

「南極から帰って来たら、オーストラリアのrural やremote は、もうへっちゃらだよ〜」

 

Australian Antarctic Program

Do you know anyone had Antarctic Program?
After this experience, it might be easy to practice in rural and remote Australia?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です