ドクターコトーの右腕

「夏目と右腕」に、手打診療所の看護師、有本さんと巡田さんが出演していました。

11817020_508277012660789_2608282938760512969_n

この10年間で、下甑島を訪れた研修医の数は230名。

11800185_508277049327452_5410520951054295675_n

飛べない雛たち、わたボコリみたいな翼、木の芽みたいな頼りない爪…

いま、みんなどうしているだろう。きっと立派になって全国で活躍しているだろう。

11828690_508276955994128_7723694277708856482_n

瀬戸上先生も74歳。先生が現役のうちに…「さあ、行こうぜ」…!

11217522_508277069327450_784400422723462484_n

『銀の龍の背に乗って(中島みゆき)』

あの蒼ざめた海の彼方で
今まさに誰かが傷んでいる
まだ飛べない雛たちみたいに
僕はこの非力を嘆いている

急げ悲しみ 翼に変われ
急げ傷跡 羅針盤になれ

まだ飛べない雛たちみたいに
僕はこの非力を嘆いている

夢が迎えに来てくれるまで
震えて待ってるだけだった昨日
明日僕は龍の足元へ
崖を登り呼ぶよ 「さあ、行こうぜ」

銀の龍の背に乗って
届けに行こう 命の砂漠へ
銀の龍の背に乗って
運んで行こう 雨雲の渦を

失うものさえ 失ってなお
人はまだ誰かの指にすがる
柔らかな皮膚しかない理由は
人が人の痛みを聴くためだ

急げ悲しみ 翼に変われ
急げ傷跡 羅針盤になれ

まだ飛べない雛たちみたいに
僕はこの非力を嘆いている

わたボコリみたいな翼でも
木の芽みたいな頼りない爪でも
明日僕は龍の足元へ
崖を登り 呼ぶよ 「さあ、行こうぜ」

銀の龍の背に乗って
届けに行こう 命の砂漠へ
銀の龍の背に乗って
運んで行こう 雨雲の渦を

銀の龍の背に乗って
運んで行こう雨雲の渦を
銀の龍の背に乗って
銀の龍の背に乗って

11800368_508277275994096_3010381815491506359_n

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です