『離島の在宅医療』

青い空と青い海。島の人たちはみんな穏やか。そんな中での在宅医療なんてステキ…。

11707645_497638863724604_3292349414507414515_n

確かにその通りである。海を見ながらお茶を飲み、お年寄りの昔話に耳を傾ける。

11665534_497638583724632_1926069776207151649_n

しかし、本当の意味では、「離島在宅医療」はハンパなく大変である。

距離は診療範囲内といわれる16kmを越え、看護師も少ない。

ハブは出るし、「闘牛の島」の人たちは、かなり情熱的である。

1891148_497638820391275_5296917048480270691_n

家には表札もなく、もちろんカーナビやスマホも役に立たない。

11694061_497638637057960_6249134814120061699_n

昨日は、ベテランナースも家を見つけきらず、郵便配達の方に教えてもらった。

医療の進歩とともに、家で亡くなる人は少なくなった。

病院がしっかりすればするほど、病院に頼るようになった。

11665549_497638607057963_4271976292126144334_n

地域医療には予防医学の視点や、地域包括ケアが大事だ、と簡単には言うけれど…。

「物事にぶち当たったら、川を上り、海を渡りなさい」

過去の歴史を振り返り(山を上り)、他の地域や国をみて(海を渡り)、そして自分達の地域で考え続ける他にないだろう。

この島では、首にかかった聴診器は「医者の証」にもならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です