2015年06月 一覧

学生講義「福祉とは?」

「福祉とは?」〜そこで「福祉」してこい〜西九州大学社会福祉学科4年生の授業90分1コマを担当。毎年、「死生学」を担当する五十嵐雄道ご住職に声...

記事を読む

オーストラリア医師陣とのミーティング

今のところ順調。抜け目の無いよう頑張ろう!観光が少ないのが申し訳ないけれど、旅館の希望もあり、福岡で旅館を探そう!8月5日(水)成田着8月6...

記事を読む

第2回 九州山口家庭医療学セミナー

ゲネプロとして3人ではじめての仕事でした。題して選択の科学。人はどのように物事を選択して、行動していくのか?引き続き考えたいテーマです。東京...

記事を読む

「モンゴルのへき地病院」

突然緊張が走った。「バギー!子供の意識がないから早く来て!」息を切らしながら、近所のおばさんが病院に駆け込んできた。バギーはすぐに家に往診に...

記事を読む

「やっと会えた!馬に乗ったドクター!」

ウランバートルから約300km。道なき道を、馬や羊をかき分けながら、車で走ること5時間。やっと着いた。運転は病院専属の運転手、トーゴ(Tog...

記事を読む

インド人医師が語る貧困地医療とネパール震災の現実

IFMSA-JapanAsiaCommunityHealthProject「当時我々にはお金はなかったが、大きな夢があった」軽自動車に往診カ...

記事を読む

日本講演に向けたミーティング

オーストラリアのruralGPの来日が決まりました。お産はもちろん緊急帝王切開もするEwenMcPhee,RFDS(フライングドクター)のD...

記事を読む

Tennant District Times

テナントクリークの地元紙5月29日の朝刊です。内容は以前は医師不足だったへき地の病院が、いまでは日本から見学者が来るようになった、という内容...

記事を読む

Why rural health in Japan?

4日間に渡る『13thNationalRuralHealthConference』が無事に終わりました。南太平洋の島々、バヌアツ、フィジー、...

記事を読む

Care Fright

日本のドクターヘリ24時間版+フライングドクターが一緒になった夢のようなサービス、CareFlight。輸血も常備している。昨日に見学に行っ...

記事を読む

1 2